ごろつき無宿 (1971)

九州の炭坑を飛びだして東京にやってきた、正義感の強い青年が主人公のアクション映画。脚本は伊藤俊也と澤井信一郎。監督は降旗康男。撮影も同作の林七郎がそれぞれ担当。

監督: 降旗康男
出演:高倉健、南利明、奈美悦子、志村喬、山本麟一、加藤嘉、北林谷栄

ごろつき無宿 (1971)のストーリー

九州筑豊の炭坑夫、武田勇(高倉健)は、落盤事故で死んだ父の遺言で母を残して上京することになった。途中汽車の中で勇は、まだ幼い妹と別れ東京の工場に転任する女工ゆき(奈美悦子)を知り、お互に将来の夢を語り、励まし合った。ゆきは、東京でバレーボールの選手として特訓を受けることになっていた。勇は、都内を職を求めて転々とするが、中学出の彼を雇う所は仲々なかったが、偶然に暴力団唐沢組の仕事を引き受けることになった。唐沢組は、工場拡張予定地になっている漁師街の立ち退きと、漁業補償の問題を請負い、それに伴う利権を得ようとしていた。母に送金するために、唐沢組のお先棒をかついだ勇は仕事の内容を知り、また自分が張った鉄線のために住人の一人クズ安が死ぬに及んで、唐沢組に金を帰して拡張予定地に住む往民の一人となって働くことになった。そんな勇の正義感を見込んで目をかけてくれたのは、テキヤの親分浅川源造(志村喬)とその娘あや子(葉山葉子)だった。勇は、浅川一家の東一夫(南利明)の指導を得てテキヤの修業をつかんでいたが、浅川一家の高市の庭場を狙う唐沢組のいやがらせは激しさを加えていった。元浅川一家の幹部で、今は堅気になって漁業組合長をしている上田常吉(山本麟一)は、源造の協力を得て補償問題と土地立退きの交渉をしていたが、唐沢組によって殺されてしまう。そして、源造も一人唐沢組に乗り込むが、なぶり殺しにされてしまう。遂に堪忍袋の緒を切った勇は、封印された常吉の長ドスを持ちだすと唐沢組へと殴り込んだ。

関連記事

  1. 最後の特攻隊 (1970)

  2. 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義 (1972)

  3. 新網走番外地 吹雪のはぐれ狼 (1970)

  4. 八甲田山 (1977)

  5. 幸福の黄色いハンカチ (1977)

  6. 博奕打ち外伝 (1972)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。