暗黒街最大の決斗 (1963)

井上梅次が脚本を執筆、監督したギャングもの。撮影は星島一郎。

監督: 井上梅次
出演:鶴田浩二、大木実、高倉健、植村謙二郎、梅宮辰夫、佐久間良子、久保菜穂子

暗黒街最大の決斗 (1963)のストーリー

アメリカ婦りの愚連隊のボス三鬼が国際トバク組織と結び、カードやダイスでやくざの縄張りを荒し始めたので、睦会の大親分十三人は神経をとがらせた。三鬼のもとにアメリカの組織本部から莫大な資金と、数名の監視員がきた。その一人ケンは三鬼がアメリカにいたときの仲間だ。三鬼の命で羽田へ迎えに行った石神が何者かに左腕を撃たれた。その前日、睦会の代表格・老松組の七代目松岡親分が死んだ。葬儀場で最近羽ぶりのよくなった新興やくざの郷田が、八代目の真平に資格がないとケチをつけ、結局、真平はテスト・ケースとして、三鬼との折衝を任された。真平は三鬼を訪ね、石神の下手人を出せば話に乗るという言質を得た。ケンは真平の実兄である。ひそかに亡父の墓地に詣でたケンは、老松組の元代貸鶴吉の娘美弥子から石神の下手人は郷田組の身内らしいと聞き、犯人を捕えて老松組に投げ込んでやった。真平は彼らを三鬼の前に連れて行くが、私刑は受けさせず警察に引き渡した。その足で真平はケンに会った。かつてケンは美弥子の姉富士子と恋仲だったが、七代目は富士子を郷田に添わせようとし、富士子は自殺した。ケンが渡米したのはやくざが嫌になったからである。さて、勢力拡張を狙う郷田は三鬼と組んで洋式のトバクでひと儲けしようとたくらみ、東海、中京地区に手をのばした。それが原因で鶴吉と息子の好造が三鬼に射ち殺された。ケンの素性を知った三鬼は、友情は友情として袂をわかつことに決め姿を消した。好機到来とばかり三鬼の地盤を奪った郷田は、やくざの親分たちをゴールデン・ダイスに呼んで祝賀会をひらくが、突如、やくざ、愚連隊、警官隊の射ち合いとなった。地下室で郷田を斃した三鬼はケンの銃弾を浴びた。ケン、真平らが脱出したあと、瀕死の三鬼は情婦ルミと爆薬に火をつけた。

関連記事

  1. 緋牡丹博徒 花札勝負 (1969)

  2. 網走番外地 北海篇 (1965)

  3. 宮本武蔵 一乗寺の決斗 (1964)

  4. 東京ギャング対香港ギャング (1964)

  5. 昭和残侠伝 唐獅子仁義 (1969)

  6. 顔役 (1965)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。