暗黒街の顔役 十一人のギャング (1963)

石井輝男が、脚本・監督したアクションもの。撮影は「暗黒街最後の日」の西川庄衛。

監督: 石井輝男
出演:鶴田浩二、杉浦直樹、高倉健、江原真二郎、待田京介、高英男、アイ・ジョージ、安部徹、梅宮辰雄、木暮実千代、丹波哲郎

暗黒街の顔役 十一人のギャング (1963)のストーリー

浜松市にある××鋼管では、給料の袋詰め作業を給料日の前日にしていた。それを狙って権藤(鶴田浩二)と別当(杉浦直樹)は綿密な計画をたてていた。別当はこの計画の手始めとして、浜松運送の定期便運転手、沢上(高倉健)に接近して二四日の定期便で必ず彼が乗り込むこと、トラックが市外の××鋼管附近で二人の男を拾うことを約束させた。一方、権藤は昔の仲間、海老名(江原真二郎)をたずねて仲間に引き入れ、山之内美和(木暮実千代)をゆすり今度の計画に必要な資金調達を果した。また権藤は、立川のバーのマスター、ジョージ(アイ・ジョージ)をたずね自動小銃と拳銃ワルサーを手に入れた。それに、襲撃現場で使う車の運転手も権藤の愛人、ユキ(瞳麗子)がやることになった。深夜、山之内美和邸で最後の作戦会議が開かれ、権藤、別当、ユキ、それに美和と彼女の情夫、芳賀(丹波哲郎)の間で周到な打合せが行われた。襲撃の日が遂にやってきた。権藤、別当、ユキ、海老名と彼の仲間の葉室(待田京介)、広岡(高英男)らは浜松に集結した。が、定期便運転手の沢上は酔っていた。が、キャバレーの女給まゆみ(三原葉子)に説得され承諾した。権藤、別当、海老名、葉室、広岡らは××鋼管に闖入した。唖然とする課員を尻目に別当と広岡は金をダンボールに詰め込んだ。五人は無事脱出した。別当は一人待機していたユキの車に送られ、附近の松林で定期便を待った。ユキの車は引返して権藤や海老名を乗せて反対方向へ走った。沢上の運転する定期便がユキの車とすれ違ったとき、権藤は定期便に乗り移った。車はスピードアップした。そこへ浜松のギャング・黒部(安部徹)達が迫り海老名らを射殺し、車を奪い定期便の後を追った。一方、別当を拾った定期便内では、秘かに乗っていたまゆみをめぐり、別当、権藤、沢上が対立していた。が、その時、黒部達の車が近づいた。壮烈な射撃戦が展開され、数十分の後、硝煙の漂う中にギャング達は全員死んでいた。

関連記事

  1. 昭和残侠伝 血染の唐獅子 (1967)

  2. 戦後最大の賭場 (1969)

  3. 網走番外地 望郷篇 (1965)

  4. 昭和残侠伝 人斬り唐獅子 (1969)

  5. 日本暗殺秘録 (1969)

  6. 新網走番外地 流人岬の血斗 (1969)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。