暗黒街最後の日 (1962)

井上梅次が脚本・監督したアクションもの。撮影は西川庄衛。

監督:井上梅次
出演:鶴田浩二、安部徹、丹波哲郎、三國連太郎、高倉健、梅宮辰雄、佐久間良子、久保菜穂子

暗黒街最後の日 (1962)のストーリー

マル和産業は、関東犯罪シンジケートのボス、中部前社長(鶴田浩二)が創立したが、現在は彼の弟分星野(安部徹)が社長である。が、仙台刑務所から中部が出所したため、星野は子分に中部襲撃を命じたが失敗、そのため自らも子分白川(梅宮辰雄)にピストルの狙撃を受けた。さらに白川は関西犯罪シンジケートのボス三鬼(丹波哲郎)の命も狙った。一方、中部は単身星野の本拠クラブ「モナコ」で星野と会った。が、「社長の椅子は株主総会の決議による」と主張する星野のため両者間は袂別した。そんな中部・星野派の対立を知った三鬼は、漁夫の利を得ようと子分を連れ大挙上京した。その暗黒街の不穏な動きを察知した警視庁は芥川検事(三國連太郎)を主任としてマル和の内偵を進める事にした。使命を受けた直木警部補(高倉健)は朴と名を変えて潜入し、拳銃さばきの腕を買われ星野の子分になった。しかも直木には芥川検事の妹ひとみ(佐久間良子)という恋人があった。マル和の社長の椅子を決定する定期株主総会の日がきた。席上星野は中部と芥川検事が昔から親友であることをばらした。また中部は、星野こそ関西の三鬼と結託し縄張りを売ったと暴露した。満場騒然たるうちに総会は流会となった。狡猾な星野は、中部と洋子(久保菜穂子)の間に出来た一人息子正樹をさらい、さらに三鬼派の殺し屋を買収し三鬼暗殺を計画した。折も折潜入中の直木警部補の身元がばれ、星野派により檻禁された。やくざ世界の醜さを知った中部は、星野との手打式にのぞんだ。無気味に静まりかえる深夜の暗黒街。その中央「モナコ」には、星野、中部、三鬼各派のやくざが拳銃や機関銃を手ににらみあった。星野が三鬼の奸計に落ちた。その騒ぎに乗じ白川は檻禁中の直木警部補と正樹を救出した。芥川検事の指揮で警官隊も到着した。星野、中部、三鬼派三つ巴の壮絶な銃撃戦が展開された。硝煙うず巻く射撃戦は深夜の暗黒街で限りなく続く……。

関連記事

  1. 続 網走番外地 (1965)

  2. 昭和残侠伝 (1965)

  3. 新網走番外地 さいはての流れ者 (1969)

  4. 日本侠客伝 血斗神田祭り (1966)

  5. 網走番外地 (1965)

  6. 新 網走番外地 (1968)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。