神戸国際ギャング (1975)

昭和22年の神戸を舞台に、男女混成のギャング団の凄絶な生きざまを描いたアクション映画。脚本は松本功と山本英明、監督は田中登、撮影は赤塚滋がそれぞれ担当。

監督: 田中登
出演:高倉健、菅原文太、夏八木勲、真木洋子、伊藤敏孝、石橋蓮司、ガッツ・石松、田中邦衛、大滝秀治、丹波哲郎、菅井きん、泉ピン子

神戸国際ギャング (1975)のストーリー

ジャズ、銃声、GI、パンパン、闇市、横暴極まる進駐軍、そして外国人の群れ……昭和22年、神戸に雑草のように誕生した一組のギャング団があった。気性は荒いが情にもろい団正人(高倉健)をボスに、冷血漢の副首領大滝健三(菅原文太)、復員兵あがりの中尾(夏八木勲)、そして五郎(伊藤敏孝)、ポチ(石橋蓮司)、ノウガキ(ガッツ石松)、丸山(田中邦衛)、保(和田浩治)、さらに男勝りの紅一点、田島マキ(真木洋子)らで構成されたこのグループは、隠匿物質の強奪を初めとして悪事の限りを尽した。一味が盗んだ品物は、楊徳元会長(大滝秀治)が率いる九竜同盟がさばいていたが、この九竜同盟が、五郎の母親が店を出している闇市から場銭を取っていた事を知った団は怒り、同盟本部に殴り込みをかけた。楊は無条件降伏し、団一派を顧問として迎えることにした。一方、マキは団に秘かに惚れており、しつこく言い寄る大滝の誘惑をかわしているのだが、団は闇市で知り合った清楚な娘、美佐子に惚れていた。そんなある日、九竜同盟の幹部・洪哲文(今井健二)が、最近勢力を増して来た外国人同盟に連れ去られたため、団は、武力で洪を救出した。外国人同盟の朴林成と団はこの一件以来、激しく対立することになった。両者の抗争は日増しにエスカレートし、ついに大滝は朴を暗殺、居合せた一般人も殺害した。さしもの団も大滝の凶暴さに反発、二人の間には険悪な空気が流れた。数日後、突然、団は朴殺しの容疑で逮捕された。仲間をかばって単独犯行を主張した彼は、18年の刑を宣告され、加古川刑務所に入所した。それから半年後。朴殺しを密告したのは大滝である、という中島の伝言を団に伝えるために警察病院に入院したポチと、仮病を装い病院へ移された団が脱走した。マキと五郎の協力で、二人は美佐子の家に隠れたが、美佐子が警察に密告、ポチが撃たれて死んだ。包囲陣を突破した団は大滝を追跡し始めた。しかし、団を密告したのは大滝ではなく保だったが、今となっては大滝の覚悟はできていた。その大滝は悪徳MPと刑事と組んで摩耶埠頭でダイヤ強奪計画の片捧をかついでいた。この情報をキャッチした団たちは埠頭を急襲、凄まじい銃撃戦がくり展げられた。丸山、ノウガキたちが次々と死んだ。やがて倉庫の中で対決した団と大滝は狂ったように撃ち合い、大滝の最後を見届けた団も、マキの胸の中で死んだ。涙にくれるマキは、団を抱え、ガソリン鑵をめがけて発砲した。倉庫へ突入寸前の包囲陣の目の前が、轟音とともに、炎上した。ギャング団の凄まじい生きざまを象徴するかのように……。

関連記事

  1. 昭和残侠伝 破れ傘 (1972)

  2. 日本侠客伝 昇り龍 (1970)

  3. 日本女侠伝 真赤な度胸花 (1970)

  4. 八甲田山 (1977)

  5. 君よ憤怒の河を渉れ (1976)

  6. 博徒一家 (1970)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。