戦後最大の賭場 (1969)

村尾昭がシナリオを執筆し、山下耕作が監督した任侠もの。撮影は山岸長樹が担当。

監督: 山下耕作
出演:鶴田浩二、小山明子、山本麟一、藤田佳子、安部徹、金子信雄、名和宏、高倉健

戦後最大の賭場 (1969)のストーリー

昭和三十七年。群雄割拠の任侠団体が大同団結して「大日本同志会」を結成することになった。折りも折り、関西地区代表の神戸流山組会長が脳溢血で急死した。葬儀は、組の二代目を継いだ本庄を喪主に、葬儀委員長には関西丸和会会長の岩佐が当って盛大をきわめた。だが、流山組会長の死は、勢力拡大を狙う岩佐にとって願ってもない好機だった。間もなく、関西地区の親分衆が集って理事選出が行なわれた。だが、票は本庄と岩佐と真二つに割れ、騒然たるうちに流会となった。関西丸和会五木組組長五木は、日頃から陰険な野望を持つ親分岩佐の行動を心よしとしなかった。そんなある日、五木は義兄弟の本庄から由起との結婚話を聞き、弟で流山組幹部の常男とともに喜んだ。しかし、それも束の間、本庄は丸和会の吉岡組に襲われ、常男は肩に重傷を負った。五木は小指をつめて本庄に詫び、事態の紛糾に心を痛める本庄は理事の選挙を岩佐に申し出た。一方、岩佐は五木に本庄が理事選から下りるよう命令した。本庄は五木の立場に同情し、身を引こうとしたが、常男は単身悪徳岩佐にたちむかい無残な最後をとげた。この一件に責任を感じた本庄は五木に義兄弟の盃を返し理事選に出馬、「大日本同志会」の代表になった。しかし、岩佐は関東菊東会会長菊村に金品を贈り理事交代工作をはかっていた。菊村は、同志会を国家のための政治団体と標傍しながら、万国博や山陽新幹線の利権を独占しようと策していた。総てのからくりを知った本庄は、菊村と対立したが護衛の銃弾に倒れてしまった。本庄の死を悲しむ五木は、関西博徒を裏切って後任理事になった岩佐に盃を返し、悪徳やくざ一味に斬りこんでいった。

関連記事

  1. 網走番外地 望郷篇 (1965)

  2. 日本侠客伝 雷門の決斗 (1966)

  3. 日本女侠伝 真赤な度胸花 (1970)

  4. 昭和残侠伝 (1965)

  5. 新網走番外地 流人岬の血斗 (1969)

  6. 日本侠客伝 血斗神田祭り (1966)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。