網走番外地 北海篇 (1965)

伊藤一の原案を石井輝男が脚色・監督した“網走番外地”シリーズ第四作目。撮影もコンビの稲田喜一。

監督: 石井輝男
出演:高倉健、田中邦衛、嵐寛寿郎、杉浦直樹、千葉真一、由利徹、安部徹、大原麗子、小沢栄太郎、小林稔侍、石橋蓮司

網走番外地 北海篇 (1965)のストーリー

北海道北端の網走刑務所--。殺人傷害八年の刑で服役していた橘真一(高倉健)は、所内で起った脱獄騒ぎには眼もくれず、真面目に務めあげ仮出獄となった。さしあたって行くあてもない橘は「社長が俺の保釈金を出してくれる筈だ」という病身の葉山(千葉真一)の願いをかなえてやろうと、釧路港の志村運送店へ赴いた。ところが、そこは運送店とは名ばかりで、オンボロトラックが一台あるきり、とても保釈金を出す余裕などなかった。そんなところへ、オホーツク海側の港町に荷物を運べば莫大な費用を出す、という男安川(安部徹)と金田(藤木孝)がやって来た。ちょうど思案にくれていた橘は、葉山の保釈金を得るために、その危険な仕事をかってでた。安川と金田、それに志村の娘弓子(大原麗子)を同乗させて、橘の運転するトラックは、雪の荒原を突走った。が、途中荒原で待ちうけていた脱獄囚の浦上(杉浦直樹)が乗りこみ、さらに、小さな村にさしかかった橘たちの車は、警官に止められ、足を骨折したという幼い女の子エミ(小林千枝)とその姉で売春婦の雪江(宝みつ子)を港町の病院に運んでくれるように頼まれた。それからしばらくいった山道でトラックは、新進歌手をともなって心中し、生きのこった小谷本命寺管長の令嬢貴子(加茂良子)に会い、橘が様子を見に降りたのに業を煮やした安川は、金田に運転させて、橘を残して車を出発させた。しかし不馴れな金田は崖道で車輪を踏み外し、さらに車をなおそうとした浦上をも、車輪に巻きこんで死なせてしまった。仕方なく安川はまた橘を呼び返した。だが、この事件でことの険悪なのを察した橘は、峰の頂上に居合わせた網走仲間の老侠徒鬼寅(嵐寛寿郎)を乗せて、安川と金田を制圧しようとした。その甲斐あってトラックは大事なく目的地に着いた。そこで橘は、安川が阿片業者であることを知った。積荷は阿片だったのだ。安川は秘密を知った橘ら同乗者を殺そうとした。だが貴子をめぐって仲間割れを起し、安川に射たれた金田の拳銃を奪った橋の活躍と鬼寅の助力で、麻薬団は全滅した。町へ行くヘリコプターが定員過剰で一人荒原に踏みとどまった橘の口から、あのなつかしいメロディーが流れていた。--その名は網走番外地。

関連記事

  1. 顔役 (1965)

  2. 人生劇場 飛車角と吉良常 (1968)

  3. 新 網走番外地 (1968)

  4. 親分を倒せ (1963)

  5. 暗黒街最大の決斗 (1963)

  6. ジャコ萬と鉄 (1964)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。