緋牡丹博徒 二代目襲名 (1969)

火野葦平の原作「女侠一代」を鈴木則文が脚色し、小沢茂弘が監督したシリーズ第四作。撮影はコンビの吉田貞次。

監督: 小沢茂弘
出演:富司純子、待田京介、大前均、長門裕之、天津敏、小松方正、嵐寛寿郎、高倉健

緋牡丹博徒 二代目襲名 (1969)のストーリー

明治の中頃。父の死後、渡世修行の旅を続けたお竜( 富司純子 )は、七年ぶりに故郷熊本へ帰った。その時、元矢野一家の飛車角、常、新入りの大風呂敷、それに道後からは、富士松、清吉が駈けつけ、お竜の念願だった矢野一家が再興された。折しも、筑豊地方に炭田が開発され、遠賀川流域は活況を呈していた。だが、石炭運搬のために、九州の親分衆が請負いの鉄道敷設工事をはじめると、川船業者の激しい妨害にあい、工事を降りる組が相ついだ。そんな中で、お竜の叔父川辺は、仕事の続行をお竜に託し世を去った。しかし、川人足の元締の赤不動の勘蔵は、矢野一家にも手荒く迫った。一方、鉄道院では、永久出入りの特典をつけ、完成を急いだ。お竜は、親分衆に励まされ工事完遂に努力したが、宝満一家の荒木田は勘蔵に近づき妨害に出た。だが、勘蔵は狂暴な荒木田のやり口に態度を硬化させ、お竜に工事の協力を申出た。宝満一家は報復手段に出た。お竜が面倒をみている雪江を人質にすると、半次にお竜を殺すよう命じた。半次から訳を聞いたお竜は、サイの目勝負に勝ち雪江を取戻した。それから数日、筑豊鉄道が完成した。そして、お竜の二代目襲名披露が行なわれた。だが、宝満一家は一番列車を転覆させ、手抜き工事を指摘し、現場に向うお竜らを襲った。卑劣な荒木田はやがて、お竜と矢代(高倉健)の活躍に葬られた。

関連記事

  1. 宮本武蔵 二刀流開眼 (1963)

  2. 人生劇場 飛車角と吉良常 (1968)

  3. 地獄の掟に明日はない (1966)

  4. 侠客列伝 (1968)

  5. ならず者 (1964)

  6. 狼と豚と人間 (1964)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。