日本侠客伝 絶縁状 (1968)

棚田吾郎がシナリオを執筆し、マキノ雅弘が監督した“日本侠客伝”シリーズ第八作目。撮影はわし尾元也。

監督: マキノ雅弘
出演:高倉健、藤山寛美、待田京介、曽根晴美、松尾嘉代、菅原謙二、渡辺文雄

日本侠客伝 絶縁状 (1968)のストーリー

東京で大きな勢力をもつ天盟会会長橋爪(伊井友三郎)は、警視庁の暴力団取締り頂上作戦で逮捕された。天盟会傘下の浜田組、平井組、伊坂組は、それ以来、橋爪の灯りをおとなしく待っていた。それから三年、いまは上野組だけが橋爪の留守に悪どく縄張りを広げていた。上野(渡辺文雄)は天盟会会長の座を狙っていたのだ。一方、浜田(高倉健)は次期会長として他の組の親分に声望が高かったから、上野はなにかと浜田組の縄張り内でいざこさを起した。ある日、浜田組の唯一の資金源である賭場を上野は警察に密告、そのため浜田は苦境に立った。新年の事始め式で、浜田は天盟会の乱れを全員に諌めたが、同意したのは平井(菅原謙二)だけで、上野はそんな浜田をせせら笑っていた。また、妹を浜田に嫁がせている平井は、追いつめられた浜田の子分が、イカサマ賭博をしていると、浜田に忠告した。ある日、刑務所に橋爪を訪ねた浜田は、乱れた会の現状を述べ、会を解散してほしいと訴えた。だが、橋爪は反対した。浜田は、橋爪の健康が刑務所に無理なのを知り、警察から会を解散すれば会長を釈放する、との内示があったのを機会に浜田組の単独解散を強行した。上野はそれをみてほくそ笑んでいた。浜田は組員をそれぞれ正業につかせ、自らも浜田建設を設立した。しかし、上野は次々と旧浜田組組員に迫害を加え始めた。それから間もなく、橋爪は釈放されてきたが、上野の悪どいやり方に愛想をつかし、平井に浜田を呼びにやらせた。上野はその平井を襲い、深手を負わせたのだ。瀕死の平井は、浜田にすべてを話し、息を引き取った。義兄の死に怒った浜田は、白鞘の長脇差を手に、上野組に殴り込んだ。浜田が、任侠道をふみにじった上野一派を倒したことは、いうまでもなかった。

関連記事

  1. 網走番外地 望郷篇 (1965)

  2. 飢餓海峡 (1965)

  3. 網走番外地 荒野の対決 (1966)

  4. 獄中の顔役 (1968)

  5. 宮本武蔵 二刀流開眼 (1963)

  6. 渡世人列伝 (1969)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。