新 網走番外地 (1968)

伊藤一の原作『網走番外地』を村尾昭が脚色し、マキノ雅弘が石井輝男からうけついで監督する新シリーズ第一作。撮影は坪井誠が担当した。

監督: マキノ雅弘
出演:高倉健、三橋達也、長門裕之、山本麟一、松尾嘉代、志村喬、金子信雄、安城由貴子

新 網走番外地 (1968)のストーリー

昭和二十三年。復員して来た末広(高倉健)は、新橋駅頭で、進駐軍兵士に無理矢理連行される日本人娘を救った。だが、兵士にパンチを浴せた末広は、即刻逮捕され、北海道の米軍刑務所に送られた。四ヵ月後、末広は再び故郷新橋の士地を踏んだ。しかし、家は焼けて跡かたもなく、母や妹の消息も知れなかった。その頃新橋は、北口の石津組と、南口に努力を張る華僑連合が対立していた。松鐘組の残党小松(長門裕之)は、石津組にことごとく楯をついていたが、ある日袋叩きにあっているところを末広に助けられ、以来末広の後を離れなかった。そんな折、末広は出世前の仲間源吉(山本麟一)とめぐり合った。そして小松を含めた三人は、石津(水島道太郎)を強迫し、客分としてもてなすという証文を書かせた。一方、石津も三人を縄張争いに、巧く利用しようと考えていた。やがて末広らは、石津組を襲った華僑連合を、退りぞけ、露店商たちから銀座の顔役と敬われるようになった。末広が、客をひく妹秋子(佐々木愛)と再会したのは、そんな折だった。末広は妹の姿に怒ったが、秋子の恋人が真面目な中国青年楊であることを知って喜んだ。そして、秋子の仲人を郡司に頼むのだった。だが、その郡司(三橋達也)は、末広の恋人、芸者の秀駒(松尾嘉代)を愛していた。末広は二人の板挾に悩んだが、秀駒に郡司との結婚を勧めるのだった。その頃石津は、華僑連合が扱う統制品を北口の露店商に卸そうと考え、連合の幹部劉や崔と同盟を結んだ。仕入値の高さに困惑する露店商を知った末広は、華僑連合を脱退した楊と直接取引出来るようはからった。しかし、この一件は、石津や劉を怒らせ、楊は石津組が故意に起した交通事故の犠牲者となった。その惨状を見た郡司は、単身石津組に殴込んだが、弾丸を浴びて他界した。相次ぐ親友の死に怒った末広は、必殺のカービン銃で、つぎつぎと悪徳やくざを葬っていったのであった。

関連記事

  1. 昭和残侠伝 人斬り唐獅子 (1969)

  2. 人生劇場 飛車角と吉良常 (1968)

  3. 新網走番外地 さいはての流れ者 (1969)

  4. 日本侠客伝 (1964)

  5. 暗黒街最大の決斗 (1963)

  6. 狼と豚と人間 (1964)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。