日本女侠伝 侠客芸者 (1969)

野上龍雄が脚本を書き、山下耕作が監督したシリーズ第一作。撮影は鈴木重平が担当した。

監督: 山下耕作
出演:富司純子、桜町弘子、三島ゆり子、藤山寛美、若山富三郎、高倉健

日本女侠伝 侠客芸者 (1969)のストーリー

石炭ブームにわく、明治末期の博多。馬賊芸者と評判高い信次(富司純子)は、男まさりの気っぷと度胸が人気のマトだった。そんな信次に惚れる鉱業会社々長の大須賀(金子信雄)は、士地のやくざの親分万場安次郎(遠藤辰雄)と手を組み、九州一の炭坑主にのし上がろうとしていた。ある日、料亭に遊びに来た花田炭坑の作業員たちを迎えに来た納屋頭の島田清吉(高倉健)に会った信次は、好意を抱いた。一方花田炭坑をぜひとも手に入れようとする大須賀は、執拗に清吉を口説くが、先代に恩義を感じている清吉は、ガンとして聞き入れない。折から、坂田陸軍大臣歓迎の宴が炭坑主たちの手で開かれ、酒の飲めぬ清吉に代わって、信次は見事に盃を空け、黒田節を舞った。陸軍大臣を見送った後酔いつぶれた信次を清吉が介抱する。信次は信次に恥をかかされた大須賀は、若松港の仲仕組合長松本を買収し、花田炭坑の石炭積出しをストップさせた。しかし、清吉の誠意に負けた仲仕組合の若い事務員は、組合長の松本を無視して、積出しを約束した。大須賀は最後の手段として、万場組に命じて、花田炭坑にダイナマイトを仕掛け、三人の作業員が炭坑を守って死んだ。三人の通夜の晩、若松から帰った清吉は、色めく作業員たちをしずめ、必死に止める信次をもふりきって、単身大須賀邸へ向った。そして、万場を倒し、全身血みどろになった清吉は、最後の力をふり絞って、大須賀と差し違えた。大須賀邸に駆けつけた信次は運び出される清吉の亡骸を見る。今日もまた、盛大な宴会が始まる。鏡台の前で紅を塗りつつ大粒の涙を流す信次の姿があった…。

関連記事

  1. 侠客列伝 (1968)

  2. 暗黒街最後の日 (1962)

  3. 網走番外地 (1965)

  4. 東京ギャング対香港ギャング (1964)

  5. 宮本武蔵 一乗寺の決斗 (1964)

  6. 網走番外地 南国の対決 (1966)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。