昭和残侠伝 (1965)

村尾昭と山本英明、それに松本功が共同でシナリオを執筆、佐伯清が監督した侠客もの。撮影は星島一郎。

監督: 佐伯清
出演:高倉健、三田佳子、伊井友三郎、松方弘樹、梅宮辰夫、池部良、江原真二郎、室田日出男

昭和残侠伝 (1965)のストーリー

太平洋戦争終結直後の東京は、日本古来の任侠道も社会道徳もすたれ、浅草もその例外ではなかった。浅草露天商は新興やくざ岩佐の牛耳る新誠会の縄張りの中で、売上げ、場所代を組織に納め、闇物資や統制品の横流れにささやかな商品の糸口を求めていた。昔からの由緒ある神津組二代目源之助は、この有様をなげきながらも、跡目と願う寺島清次の未復員を含め、戦死の組員が多く、人材に事欠く状態であった。悪らつな新誠会のやり方に、警察は親分衆を集め自粛をもとめたが、物資搬入ルートを握る新誠会に楯つく者はいなかった。唯一人、岩佐の手口をほのめかした源之助は、実子輝男の目前で射殺された。親の死、親分の死に憤怒する輝男や五郎、政の乾分達は新誠会に殴り込もうとはやったが一家の兄費分江藤は、確かな証拠がないかぎり、喧嘩を起すのは墓穴を掘るようなものだと戒めた。数日後、江藤の弟分で露天商からもしたわれる寺島清次が突然復員して来た。清次は源之助の死と、かつての恋人綾が縁続きの塚本組の女親分におさまった姿を見て、愕然とした。だが江藤のすすめで源之助の遺言通り清次は三代目を継ぐ決意をした。兄貴分江藤の協力を得て、露天商の商品集めに奔走する清次を、新誠会は執拗に妨害した。腹にすえかねた政や、五郎は、単身新誠会に殴り込んだが五郎は、恋人の娼婦美代をかばい遂に新誠会の手で殴殺された。五郎の通夜の最中、風間は美代が実の妹であったことを知り、驚愕するのだった。その頃新誠会は搾取した金でマーケットを新築した。浅草の真の復興を願う親分衆は、団結して清次にマーケットを作らせるため金策し、見事完成した。清次はこれを機に商人は直接問屋取引をすべきだと考えたが、夢の殿堂マーケットは、或る日不審火に包まれた。新誠会の仕業にちがいない。清次は風間と短刀を握り、神津組のマーケットに陣取った新誠会に殴り込んだ。清次、風間対岩佐、羽賀の死闘。今日の浅草の繁栄の陰にこんな悲話があった。

関連記事

  1. 人生劇場 飛車角と吉良常 (1968)

  2. 宮本武蔵 巌流島の決斗 (1965)

  3. 昭和残侠伝 唐獅子牡丹 (1966)

  4. 昭和残侠伝 死んで貰います (1970)

  5. 博徒列伝 (1968)

  6. 暗黒街の顔役 十一人のギャング (1963)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。