博徒一家 (1970)

村尾昭が脚本を書き、小沢茂弘が監督したオールスター任侠もの。撮影は吉田貞次が担当。

監督: 小沢茂弘
出演:高倉健、大木実、若山富三郎、富司純子、志村喬、渡辺文雄、鶴田浩二

博徒一家 (1970)のストーリー

明治四十年、政府は博徒弾圧にのりだした。全国に強大な勢力をもつ博徒・荒政一家初代総長・荒木政五郎(志村喬)は総長の座を一家三羽烏の一人国枝(大木実)にゆずった。しかし、国枝と関根(若山富三郎)は最後まで、一家のために服役中の桜井(高倉健)を推していた。政五郎は桜井と関根には、それぞれ縄張りを与え、分家させた。一年後国枝は対立していた田沼一家につまらぬ義理から、桜井の縄張りを譲ってしまった。これを知った関根は国枝を罵倒するが、出所した桜井は、出迎えた渡世人橘(鶴田浩二)から事の一部始終を聞き、国枝の意に従うのだった。私鉄工事の落札を競う、田沼一家と荒政組、しかし意外にも田沼は国枝との縁組を申し出、国枝も承知した。このことを国枝の口から聞いて唖然とする桜井と関根。その夜、関根組の池上と桜井組のびっくり松が田沼(渡辺文雄)を襲った。以前政五郎に恩義のある橘は、荒政組の決着として、田沼の前で小指までつめたが、その帰り道、田沼の仔分に襲われ、桜井の胸の中で死んでいった。さらに関根が田沼を襲ったことから、田沼は国枝に関根の決着を迫り、国枝は仕方なく、関根を絶縁すると桜井に伝えた。田沼殺しを決意した関根を呼び出した桜井は、彼をしたう関根の妹加代(富司純子)から手渡されたドスで一家のために関根を殺害した。起工式の席上、田沼は国枝に対し、縁組を流し、工事は田沼組が全面的に請負うと言い放った。自分の愚かさを悟った国枝は、田沼にとびかかり、席上は修羅場と化した。一家のために関根まで殺した桜井が田沼に迫った。その凄まじい形相に誰ひとり、とびかかる者もなかった。そして、ついに、桜井の怒りの匕首が田沼の胸を真一文字にとらえた。

関連記事

  1. 新網走番外地 吹雪の大脱走 (1971)

  2. 日本やくざ伝 総長への道 (1971)

  3. 君よ憤怒の河を渉れ (1976)

  4. 日本ダービー 勝負 (1970)

  5. 昭和残侠伝 吼えろ唐獅子 (1971)

  6. 日本女侠伝 真赤な度胸花 (1970)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。