獄中の顔役 (1968)

笠原和夫、高田宏治、鳥井元宏の三人が共同でシナリオを執筆し、降旗康男が監督したやくざもの。撮影は星島一郎。

監督: 降旗康男
出演:高倉健、竜崎一郎、富司純子、室田日出夫、曽根晴美、小林稔侍、天津敏、山城新伍

獄中の顔役 (1968)のストーリー

網走刑務所で刑を終えて出所した速水(高倉健)は、世話になった田島組に戻ってきたが、田島組は市議の徳丸(山岡徹也)と手を結んだ本間組と、激しい対立を繰り返していた。速水はそんな時に、田島組の代貸南(室田日出夫)が本間組の闇討ちに合って死んだことから、単身殴込みをかけ、再び刑務所に戻らねばならなかった。もちろん、速水が逮捕されても、双方の対立が収まるはずもなく、獄中の速水の耳にもそれが届いていた。ある日、速水は東房にいるかつての仲間黒崎が、いまは本間組の世話になっていることを知った。速水は黒崎に、田島組のシマである競輪場から本間に手を引いてほしい、と伝えてもらったが、田島組の子分が本間を襲ったことから、依然、双方の対立は解けなかった。黒崎は、田島殺害の命を本間の弟男から受け、出所しようとしていたが、たまたま、ダイナマイト自殺を図った刑期満了近いカクタイを、連れと共に救ったことから、速水との昔の友情を取戻した。やがて黒崎は出所していったが、すでに田島殺害の意思はなく、勇の罠で田島を刺したものの、自らも男の手下に殺されてしまった。田島が死んで、町は完全に本間の手に握られてしまった。競輪場のシマも本間が握り、横暴をきわめる本間組のために町民は恐怖の中で生活しなければならなかった。一方、速水は出所の日を迎え、すべての事情を知って本間兄弟を刺そうとの決心を固めていた。しかし、田島の娘敏子は、そんな速水を愛していたものの、必死になってそれを止めようとした。敏子の腕を振り切った速水は、短刀を手に群衆の真っただ中で本間兄弟、徳丸市議を刺し、この抗争にピリオドをうった。

関連記事

  1. 日本侠客伝 斬り込み (1967)

  2. 新網走番外地 流人岬の血斗 (1969)

  3. 昭和残侠伝 人斬り唐獅子 (1969)

  4. 渡世人列伝 (1969)

  5. 新 網走番外地 (1968)

  6. 親分を倒せ (1963)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。