日本侠客伝 浪花篇 (1965)

「日本侠客伝」のコンビ野上龍雄、笠原和夫、村尾昭がシナリオを執筆、マキノ雅弘が監督した侠客もの。撮影もコンビの三木滋人。

監督: マキノ雅弘
出演:高倉健、村田英雄、内田朝雄、里見浩太朗、長門裕之、大友柳太郎、天津敏、南田洋子、八千草薫、入江若葉、五月みどり、笠置シズ子、藤山寛美、鶴田浩二

日本侠客伝 浪花篇 (1965)のストーリー

大正八年。横浜日東組の代貸し藤川宗次(高倉健)は、作業中に事故死した仲仕の弟勝男の骨を受け取りに大阪の浪花運送へやってきた。浪花運送は大坂南の博徒新沢一家が経営する荷受業で、社長の黒木(天津敏)は仲仕を借金で縛りへ牛馬のようにこきつかっていた。仲仕寅松(長門裕之)からその非道振りを訴えられた藤川は、黒木を痛めつけた。怒った新沢(大友柳太郎)は子分たちに藤川の後を追わせた。そんな藤川を救ったのは荷受業者半田(内田朝雄)とその弟分和田島(村田英雄)であった。半田たちの仕事を奪おうとする新沢は、半田の下に逃げこんだ藤川を利用して、いやがらせを始めた。だが太腹の半田は、そんなことには動じなかった。そんなとき海軍大演習に向う石炭輸送船が機関の故障で大坂港へ寄港し、半田組はその陸送を請け負った。いやがらせでは動ぜぬと見た新沢は、仲仕たちを一人拾円というケタ違いの日当で売収した。約束の時限は迫り、少人数で陸揚げする半田や和田島は窮地にたった。がこれを知った藤川は仲仕たちに新沢の謀略を説いてまわった。仲仕たちもこれにめざめ、金をたたき返すと藤川の後に続いた。作業は無事終った。しかしその夜和田島は闇討にあい殺された。そんな時、新沢組の代貸し冬村(鶴田浩二)が刑を終えて出所した。冬村は組の横暴を認め、この結着は必ずつけると約束して、いきりたつ藤川を押えた。だが遊廓に働く冬村の女房千代(南田洋子)はいまでは新沢に身うけされ、新沢も冬村に冷かった。一方子分寅松と恋人おしん(八千草薫)を添わせようと送りだした藤川のもとに、数日後寅松が死体となって送り返されてきた。おしんを横恋姦する黒木の子分金山の仕業だった。怒りにふるえる藤川は単身新沢組に向った。が、そこはすでに屍の山であった。新沢に裏切られ、さらに寅松殺しにまきこまれて千代をも失った冬村の怒りの後であった。警察の包囲する中で二人は互いの心に温いものが通い合うのを感じていた。

関連記事

  1. 網走番外地 南国の対決 (1966)

  2. 獄中の顔役 (1968)

  3. 暗黒街大通り (1964)

  4. 日本女侠伝 侠客芸者 (1969)

  5. 昭和残侠伝 唐獅子牡丹 (1966)

  6. 日本侠客伝 花と龍 (1969)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。